sawakoblog
日々ゆらり
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< フエルトの日 | main | 並べてみたかった >>
ミントと月桂樹で
workshop GRASS HEARTさんで待ちに待ったNATURAL DYEING♪
10時を少し過ぎて到着。

先生から渡された「NATURAL DYEING NOTES」に状態や量を書き込みます。
いろいろな媒染剤、助剤の名前、酒石英って何?

まずはミント染め。

煮出して染液づくりから。

濃い茶の染液が取れました。

その液の中へスライバー、スカード、市販の白毛糸、ガーゼを入れ

火にかけ沸騰させて あとは少し火を弱めてしばらく煮ます。

その間に後媒染の準備。
今日はアルミ、銅、鉄の3媒染です。
羊毛を痛めないように助剤の酒石英を先に溶かしておきます。

どんな色の違いが出るんでしょうかー。
羊毛を3等分してそれぞれを火にかけて沸騰、しばらく煮てから放冷。
よくすすいで脱水、ざるにあげ、広げて乾かします。


ガーゼはほとんど染まりませんでした。
綿は牛乳などにつけてからすると色がのるそうです。なるほど。
やってみなければわからなかったこと。
失敗?じゃないけど、こういう経験って忘れないものです。
市販の毛糸がいちばん色が濃くなりました(まん中の)。
しまったままだった使いかけの白い毛糸も 染めると新鮮に感じます。


お昼休憩をはさんで



午後からはKOMAKINEさんと一緒に月桂樹染めです。
GWのまだら染めもご一緒させていただきました*
経験豊富な大大先輩のすてきな方です。
またご一緒できてうれしかったです。
いろいろアドバイスありがとうございました*

先生のところの月桂樹を集め、葉、茎を適当な大きさに切ります。

ミント染め同様煮出して染液づくり。
こちらは先程よりも少し淡めの色です。

羊毛を入れ沸騰させてしばらく煮たあと後媒染。

ミント染めよりすこしやさしい色になったように思います。
しばらく乾かして置いておくと
あらっ少し色づきがよくなってきたかも*



同じ染液でも羊毛の種類や媒染の違いでこんなにもいろんな色が出るんですね。
面白いなー。


煮出している間にドラムカーダーでバッツをつくり

ファンシーヤーンを紡ぎました。

スラブ糸を紡いでナバホ撚り*
かわいいスラブがつくれない〜。
先生のようにスルスルといかず最初は苦戦。

練習練習、少しコツがつかめました。
かわいい糸誕生〜*



夕方レイコちゃんが遊びに来てくれました*
先生を囲んでいろいろな話をしていたらあっという間に18時過ぎ。

先生とハイタッチして工房を後にしました。
楽しかったです*とっても♪

話足りずに帰りにお茶タイム♪
またお茶しよー☆
スポンサーサイト
楽しかったですね〜〜〜***
もっと早くいって講習も見学すればよかったなぁ〜。
NATURAL DYEING面白そう★

またお茶しましょっっ♪
LOVE!!
レイコ | 2009/06/07 23:50
レイコちゃん返事遅くなってごめ〜んm(._.*)mペコッ
疲れ&風邪でこの3日、休んでました。

改めて6日来てくれてありがとー*
楽しかったです〜♪
NATURAL DYEINGハマりそうです。
何かかたちにするよりも素材づくりが楽しいこのごろ。
バッツづくりするよー今度交換しよー☆
sawako | 2009/06/10 23:13
COMMENT