sawakoblog
日々ゆらり
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< “つっきー”とは | main | 花火大会* >>
茜染め
22日土曜日
workshop GRASS HEARTさんで草木染め講習を受けてきました。
7月の講習は風邪で当日キャンセル(スミマセン)してしまったので
久しぶりの草木染めです。


今回は赤系の色が欲しかったので茜を選びました。
インド茜です。

煮出して

漉して

染液をためます。4回煮出しました。

染液を火にかけ素材を入れ(持参した羊毛、絹など素材は500g弱…)

30分くらい煮込みました。
染液からあげて、染まり具合を確認。
良く染まってます*

染液もいい色で残ってます。
まだまだ染められそうですね*
煮出したインド茜も冷蔵庫で保存してまた使えるそうです。

媒染作業に移ります。
まずは絹、綿を冷媒染。
冷媒染は初体験!
上から時計回りにアルミ、鉄、銅。

冷媒染といっても湯を使います。
火にはかけない媒染です。
染液と媒染液を交互に繰り返して染めていきます。
時間も短くキレイに色濃く染まってくれました*



さて次は羊毛の媒染。
ここからは全部ひとりでやる!なので、ガスの着火も自分でやる!
このガスコンロの着火が苦手なんです実は〜〜
でもやる!
1回目は失敗…ライターが離れ過ぎでした。。。
工房の中でも火を使うこの場所は暑い!プラス緊張で汗だくです。。。
もう思い切ってライター近づけましたよ!…着いたよ!よかったー*
2回目で成功してよかったー***
少し苦手意識がなくなりました。

先程染めた羊毛を3つに分けて
それぞれの媒染液(アルミ、銅、鉄)の中へ入れ、火にかけます。
↓アルミ媒染から

沸騰、しばらく煮て放冷…すすいで脱水。
銅、鉄も同じように。

↓広げて乾かしているところ

3媒染の色の違いがはっきりでました♪

左 アルミ媒染ポルワススライバー
       ロムニー手紡ぎ糸単糸
中 銅媒染メリノスライバー
     バナナシルク&ウール
右 鉄媒染ポルワススライバー
     ハーフブレッド洗毛


煮出している間、ニッターズルームで織りです*
5月にまだら染めした手紡ぎ糸を使いました。
白い糸があまりなかったので織り幅20cm。

かわいい*

用事があり講習はここまで…あとは家で織り上げます。
 

今回は織り講習のNAKAMURAさんとご一緒でした♪
織り上げたマフラーを見せていただいたのです*
とっても素敵でした*

夏季講習で染めた糸を玉巻きにした
NAKAMURAさんの糸たち*

素敵に染め上がってますね〜*

お茶時間 先生に桃のむき方を教えていただきました*

半分のところに包丁を入れ、両手で持ってひねる!と
ほら種だけがキレイに取れるのです*
今度やってみます。
ごちそうさまでしたー*
スポンサーサイト
いいなぁいいなぁ植物染め!!
私も体験したい〜〜!!
でもお金がないから10月とかかな。。

織りもどうなるか楽しみですね〜♪
まだら染めきれい〜*

29日ヨロシクです<3
レイコ | 2009/08/24 02:36
レイコちゃん*
茜色キレイにでてくれました♪
植物染め やったはずなのにいざひとりとなると
どうだっけ?〜がでちゃうんで まだまだですな。
機会があったら私もまた受講する予定*

織りもね すでに間違い発見!
だけど進めちゃったの。
29日に持っていけるかなー。
こちらこそよろしく〜〜

sawako | 2009/08/24 08:40
植物染めは面倒だけど、独特の良い色が出ますね。
わたしも、アナンダで初めて植物染めの講習を受けたとき、茜を使いました。
洗い済みのフリースを染めたのだけど、乾かしてみ、いざ紡ごうとカードがけしたら、ものすごくたくさん、赤い粉が出て…
手も真っ赤になるし。
恥ずかしながら、まだ形にならずに眠っています。
ナオミ | 2009/08/24 12:32
ナオミさん*
やっぱりそうですよね〜粉粉出ますよね。
茜は多いように感じます。

その茜に重ね染めすると落ち着いてくれるかも*
ピンク系に染まるコチニールを重ねると
これぞ “赤!” になるそう。
植物染めをする時はちょっと気合いが入ります。
sawako | 2009/08/25 00:59
COMMENT