sawakoblog
日々ゆらり
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Tablet Weaving「double faced」で文字を織る!を仕上げる | main | 絵本と羊毛 >>
Tablet Weaving「double faced」上級コース
久しぶりのTablet Weavingの講習。
上級…とはほど遠い実力ながら上級コーススタート!
講師はOlivaさん*
初回は「double faced」3色編です。
サンプルの図柄を参考に自分なりに図柄を配置するところから始めます。
図案ができたら糸の準備。
きれいな黄緑色の糸にひかれ それに合うように紫とグレーをチョイス。
糸をABCDの穴に通すのに いつも時間がかかっちゃう。
3色ともなればさらにです!
準備完了〜
講習時間内に少しでも織りたい…と急いで織る!
実際織っていくとイメージしたものになっていない…なぜ?
そのうえ柄の出方にどうして?の箇所。。。
むむむ。。。
Olivaさんが見てくれてすぐに解決。すごいな〜Olivaさん*
ハテナの答えは1枚だけ糸の通し方が間違っていたのでした!
この間違いは自分ひとりだったら絶対にわからなかった。
でも間違うと次からはそこを気を付けるようになるので まぁ良しとします〜
イメージが違うのは色の通し方と色の組み合わせ。
黄緑と紫とグレー。選んだ3色だったはずが いざ織ってみると…
紫とグレーが思いのほかトーンが似てた!ががーん。
さあどうする!
ん〜柄は出したい…ということで家に帰ってから黄緑と紫を入れ替え!
そして織る織る織る。
やっぱり紫とグレーが似ているので黄緑の柄だけ目立ってしまった。
もう少しゴージャスになるはずだったの。
グレーを黒にしたらパッキリしたかも。
紫をもう少し明るい色にしてたら…
色選びは難しい!
ちなみに裏側はこんな感じ。
全く表情が違います。
黄緑と紫を入れ替えなかったらこうだったのかしら?
黄緑と紫を入れ替えたのが良かったのがどうか?
織ってみてわかるのねー
別色でまたチャレンジします!




スポンサーサイト
COMMENT